スキルアップ研修で何を学ぶか

一般社員・課

ここで必要とされるスキルを5つ紹介します。
1つ目は、自分で考える能力が必要です。
2つ目は、数字を読み解き作る能力です。
3つ目は、コミュニュケーション能力です。
自分の考えを、わかりやすく伝える能力です。
4つ目は、リーダーシップの能力です。
ここでのリーダーシップは、大人数に対してではなく少人数に対してのリーダーシップ力になります。
5つ目は、1~4のベースとなる、経営に対する基礎的な理解です。
このようなスキルが必要とされます。
なので、研修としては、マーケティングの基礎を学んだり、ファイナンスの基礎を学んだり、リーダーシップや人材マネジメントの基礎を学んだり、プレゼンテーションを学んだりする研修に参加してみてはいかがでしょうか。

部・事業部・経営層

まずは、部から説明します。
ここで必要となるスキルは4つあげます。
1つ目は、部の方向性を決めビジョンを決める。
そしてそれを伝えていく能力です。
2つ目は、市場や競合を分析していく能力です。
3つ目は、社員をまとめチーム全体で成果を出していく能力です。
4つ目は、1~3のベースとなる経営全般に対する深い理解が必要です。

次に事業部と経営層を説明します。
ここでも4つ必要なスキルをあげます。
1つめは、会社全体の方向性を決めビジョンを決める。
そしてそれを伝えていく能力です。
2つ目は、中長期の戦略を立案する能力です。
3つ目は、組織全体を動かしていく能力です。
4つ目は、1~3のベースとなる経営全般に対する深い理解と応用力が必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る