スキルアップ研修の目的と内容

3つのスキル

テクニカルスキルとは、仕事内容で求められるテクニカルスキルの内容は違いますが、一般的にビジネススキルといわれているスキルは、このテクニカルスキルです。
電話応対だったり、パソコン操作、会計など、業務を行う為に必要なスキルになります。
ヒューマンスキルは、コミュニケーション能力として全ての人に求められる能力です。
円滑な人間関係や、報連相、他の人との信頼関係を築いたり、クライアントとの交渉する能力やプレゼンテーション力などがあります。
業務に対して、自分のモチベーションを高め、他の人と信頼関係を築いて業務達成へスムーズにすすめていく為の必要な能力です。
コンセプチュアルスキルは、物事の本質を、知識・情報・経験をもとに見極めて伝えていく能力です。
問題を解決する能力や論理的に考える能力などになります。
高い地位になるほど必要なスキルです。

ビジネススキルアップが資格取得か

ビジネススキルは、テクニカルスキルのことと一般的にとらえられ、ビジネス関連の資格を取得しようとする方もいらっしゃると思います。
しかし、ビジネス上求められるスキルは、業務・役職によって違ってきます。
もちろん、資格をとるのは自分にとってもプラスになりますが、自分の仕事に見合ったものでないと、せっかく身につけても発揮できる場がなく無駄になってしまいます。

なので資格を取る前に考えていただきたいのが、ビジネススキルを高める為というゴールに向かう為に資格をとると考えてみましょう。
仕事を理解したいとか、役職につきたいとか様々な目標があるはずです、そこから何をすべきか考えると、必要なビジネススキルがみえてくるかと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る