若手社員の課題

Gゴール設定・P計画・D実行

ゴール設定とは、自らゴールを確認するということです。
ビジネスでは、情報の共有が常にされているわけではありません。
そのため、若手社員は先輩や上司から伝えられたことを表面的に捉えて実行するのではなく、常に相手の目的を考えて自らゴールを確認していくことを習慣化する必要があります。
方法としては、5W2H(Who・When・Where・What・Why・How・How much)を常に確認していくことです。
計画とは、仕事の段取りや優先順位です。
仕事の成果がでないときは、段取りや優先順位の間違いなどがあげられます。
なので、効率的に考えられるよう慣れるまでは自分で考え先輩や上司にフィードバックをもらって習慣化していく必要があります。
実行とは、自分ができることを見つけて実行することです。
常に、相手やチーム全体への影響を考えながら行動する習慣も必要でしょう。

CチェックとA改善

チェックとは、ビジネスでよく聞く報連相とコミュニケーションです。
こちらも、もちろん習慣化が必要です。
報連相については、いつでもしていいわけではなく、内容・タイミング・伝え方・方法をきちんと理解しないといけません。
仕事は、チームで行いますので、報連相・コミュニケーションは必ず必要になります。
改善とは、改善策を自ら考えていく力です。
ミスは誰にでもあります。
ただ、同じミスを繰り返さないように自ら改善を行い、相手の期待に応えていく姿勢が必要です。
習慣化の方法としては、問題解決の為に、まずは問題の特定をすること。
次に、問題の原因はなぜか分析すること。
最後に解決策を考えて実行することです。
この基本を活用して習慣化していきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る