理想的な目元に近付く工夫

女の人

成分とブラシには拘りたい

長く濃いまつげは、それだけでも華やかな目元を演出してくれます。マスカラや下地など色々な商品がありますので、短く疎らなまつげでも、努力次第では、魅力的な目元を作り上げることは難しくないかもしれません。けれど、やはり元になっているまつげがメイクの出来を左右することになりますから、素の状態のまつげを改善していくのが効果的です。そこで、上手に利用したいのが育毛剤です。短く疎らなまつげも、長く濃い、理想的なまつげに近付けることが出来ます。まつげの生え際である目元は特にデリケートな部分なので、専用の育毛剤を選ぶ時は、成分とブラシに拘るのがお勧めです。目元にも安心して使える成分を使用している育毛剤を選んだり、苦手な成分や反応し易い成分があれば、それらが含まれていないかをチェックすることも大切です。また、意外と大きな違いを生むのがブラシになります。せっかくの育毛剤も、しっかりとまつげに塗ることが難しければ、効果を発揮してくれません。そして、ブラシを使いこなせないと、まつ毛以外の部分にも育毛剤が付いてしまうことになりますから、注意が必要になります。ブラシの形や柔らかさ、使い心地などを確かめながら、生え際からしっかりと育毛剤を塗れるブラシに拘ってみるのもポイントです。尚、育毛剤を使用する際には、拡大鏡を利用したり、片方の手で目元を押さえたりするなど、ちょっとした工夫をするだけでもグンと塗り易くなりますので、試してみるのもお勧めです。