スキルアップの基本

まずは、目的から説明します。
スキルアップ研修の目的は、最終的には企業の業績を上げる事です。
というのも、従業員のスキルがあがれば、各々が活躍する場所を広げる事ができ対応できます。
そのことで、成果を上げることができたならそれは会社の業績につながるからです。
在職中の従業員のスキルが上がれば、能力が高い従業員がいることになりますので、新たに人材を募集することが必要なくなるかもしれません。
このことも、企業としてはコストの削減になります。
よって、最初に説明したように、スキルアップ研修の目的は、企業の業績アップの為であり、今後企業が成長していくためには必要な事ということになります。

次に内容について説明します。
内容は従業員の勤続年数や、部署、現在の能力によって違ってきます。
基本的に、入社したばかりの従業員の場合は、コミュニュケーション能力や、語学、パソコンなどの基本的なビジネススキルが中心になるでしょう。
中堅社員であれば、よりプロフェッショナルになるための研修になるでしょう。
より、実践的な能力を学んだり、資格を取得したりなど、立場や仕事の内容に合わせての研修になるでしょう。

スキルアップ研修を受けるメリットとしては、企業側が今後どのような人材を必要としているか、事業をすすめあたり、何が必要なのか、企業側から課題や目標を提示されることで働く側も考えることができます。
デメリットとしては、就業時間内で行う為、通常業務が滞っては意味がありません。
しっかりとしたスケジュール管理をして研修をうけるようにしたほうがいいでしょう。

TOPへ戻る